瀧野由美子が岡田奈々に送ったお手紙全文 (岡田奈々 20歳の生誕祭)

親愛なる岡田奈々様

憧れの奈々さんの生誕祭。そんな大切な公演で私のお手紙を読んでいただけるなんて嬉しすぎて何を書いていいのかわからないのですが、自分なりに奈々さんへの思いを書かせていただきます。

奈々さんと初めてお会いしたのはオーディションの最終審査。第一印象は凄く綺麗な方でした。あとイヤリングが大きいなーと思ったのも覚えています。(客笑)

オーディション真っ最中なのにずっと奈々さんの横顔を見ていた私。その頃から何かビビっときていたのかもしれないです。

それから約9ヶ月。だんだん一緒に過ごす時間が長くなってきました。楽しいことがたくさんある反面、つらいこと、悲しいこと、たっくさんたくさんありました。その度に奈々さんは笑ってくれたし、怒ってくれたし、一緒に悩んでくれました。

ずっと完璧だと思っていた奈々さんの悩んでいる姿を見て、いつもどうしていいかわからなくなります。自分なんかが声をかけていいのかなと。

それを奈々さんに言ったら、「声をかけてくれるのは嬉しいよ」と笑ってくれます。でもいつも優しく気を使ってくれる奈々さんに時々距離感を感じます。いつか奈々さんの気を使わなくてもいい存在になりたいです。

何事にも全力でやり切る奈々さん。次の日もお仕事があるのに夜中までダンスを教えてもらったことが何回もあるのは、よく周りに自慢をしています。こんな素敵なキャプテンがSTUにはいるんだよと。

奈々さん、STUに来てくださってありがとうございます。私たちにとって自慢のキャプテンです。私はずっとずっと奈々さんの背中を追いかけていきます。

これからもずっとずっと私の憧れの人でいてください。

改めてお誕生日おめでとうございます。

STU48 瀧野由美子

(2017年12月19日 AKB48劇場 井上ヨシマサ「神曲縛り」公演)


関連記事

関連記事がありません。