太田夢莉が岡田奈々に送ったお手紙全文 (岡田奈々 20歳の生誕祭)

奈々ちゃん、二十歳のお誕生日おめでとう。

先日は私の生誕祭ではお手紙を書いてくれてありがとう。

実はこの間会った日よりも前にお手紙の依頼をいただいていて、私が言わなかったらバレるわけがないのに、バレないかヒヤヒヤしておりました。

奈々ちゃんと初めてお話したのはずいぶん昔のことで、お互いまだ髪も長く、幼かった頃だと思います。

こんな私の顔面を褒めてくれて、優しくて、お世辞が上手な方だ、凄いと思ってました。

※岡田奈々 → 手を横に振る

数年間お互いに名前も存在も認識していながら深く関わることはなかったのに、今年奈々ちゃんがSHOWROOMの闇選抜に私のことを選んでくれて以来(客笑) 奈々ちゃんのことをよく見るようになり、なぜかはわかりませんが、分かり合えそうな気がしたんです。

そんな予感は的中でした。今となっては何でもっと早くかかわらなかったのか不思議なくらい。こんなにも自分のことを否定せずに真剣に受け止めてくれる方は初めてで、器の大きさに感動しております。つまらない話を聞いてくれてありがとう。

手を抜かないプロ意識の高いところ、いつも人の気持ちを考えているところ、まっすぐな目で話を聞くところetc、お仕事の面でも1人の人間としても尊敬するところたくさん見つけました。

仕事熱心だからこそ考えすぎてわからなくなってしまうこともあるかもしれないけど、奈々ちゃんがこの世に存在しているという事実が毎日のエナジーになり、頑張れる方が世の中にたくさんいらっしゃいます。だから安心して奈々ちゃんの道を歩んでください。

とは言ったものの、私も気にしすぎる人間なので、わかりますともわかりますとも。

その上に奈々ちゃんは頑張り屋さんです。だから「頑張りすぎないで、無理しないで」と言われても自分でも気づかないうちに限界まで頑張ってしまうと思います。なので自分が満足するまで頑張りすぎてしまった時はよかったら私のことを頼ってください。

力になれないかもしれないけど、私が奈々ちゃんに助けられている分、私も助けたいです。弱音でも暴言でもどんなことでも受け止められる体、心あります!

ちょっとやそっとじゃ動かないし、ずっと変わらないのでご安心を。

奈々ちゃんの20歳が素晴らしい1年になるよう、私も奈々ちゃんの生き方を全力で肯定します。

出会えたこと、神に感謝。でも何より生まれてきてくれてありがとう。

いつかチョコミントのお仕事ができるように頑張りましょう(何を?)

太田夢莉より

(2017年12月19日 AKB48劇場 井上ヨシマサ「神曲縛り」公演)


関連記事

関連記事がありません。