松井珠理奈が佐藤すみれに送ったお手紙全文 (佐藤すみれ 卒業公演)

すーちゃんがAKBとしてのお披露目の時に衣装部屋で会ったのが私たちの最初の出会いかな?

その時は不安そうなすーちゃんを同期の大矢真那ちゃんと一緒に「大丈夫だよ。心配しないで堂々とステージに立ってきてね」と声をかけていたことを今でも思い出せます。

そこから最初は年下だけど、少し先輩の私にたくさん甘えてくれたり、頼ってくれたりして、どんどん2人でいる時間が増えたんだけど、いつしか私も年上のすーちゃんに甘えるようになっていました。

そんな時にすーちゃんのSKE48の移籍が決まって、仲良しなすーちゃんともっと近くにいれるんじゃないかなと思って嬉しかった。でも、残念ながらチームが違かったね。

その中で、時間を見つけてご飯に行った時に、SKE48をもっとよくするためには、周りの移籍メンバーの姿を見て、自分もSKE48ファンの皆様に認めてもらうにはどうしたらいいかな、という素直な気持ちを話してくれた時があったよね。

私はすーちゃんが悩んでいたり、弱音を吐いているところを見たことがなかったから正直ビックリしたし、不安になったけど、本当にSKE48のことを熱く考えてくれているんだなということが改めて伝わって、凄く嬉しくて。そんな熱いすーちゃんのことが更に大好きになりました。

これから一緒にもっとSKE48を盛り上げていきたいと思っていたし、真那が卒業して寂しくなっちゃうからもっとすーちゃんにいっぱい甘えようと思ってたのに、すーちゃんが卒業するって聞いて寂しすぎます。

本当は卒業おめでとう、お疲れ様って言いたいけど、今の私はそんなに強くなれない。ごめんね。

でも、最後にどうしても伝えたい気持ちがあります。本当は直接言葉で伝えたいけど、今日は出演できないのでこうしてお手紙を書く機会をくださったすーちゃんのファンの皆様に感謝しながらここに書きます。

すーちゃん、SKE48に来てくれて本当にありがとう。

松井珠理奈より

あっ、最近ちびっ子ばかり可愛がっているけど(客笑) 私のことも可愛がってね

(2017年12月19日 SKE48劇場 チームE「SKEフェスティバル」公演 ※佐藤すみれ 劇場最終公演)


関連記事

関連記事がありません。